2010年1月23日土曜日

富士見日記


こちらのサイトで公開している富士見日記が13年目に入りました。富士山だけでなく丹沢と横浜のランドマークタワーも確認しています。富士山と、ランドマークタワーについて年間可視日数をグラフにしてみました。(右図) 2008年は年末にマンションの工事でランドマークタワーを確認できない期間が40日ほどあり、実際には15日程度多く見えていたと思いますが、大勢に影響はありません。

1998年を例外とすると富士山については漸減傾向に見えますが、ランドマークタワーについては2004年以前と以降ではっきり違っています。調べてみると2000年頃からジーゼル車の排ガス規制が強化され、2003/10からは粒子状物質規制を満たさない車は首都圏を走れなくなりました。当地からランドマークタワーまでは約20kmで、第一京浜、第二京浜国道が下を走っていて、この規制の影響が大きいと推定されます。環境規制の効果を実感できますね。

2010年1月17日日曜日

地震情報と経緯度

 地図画像ビューアとSimpleDEMViewerの最近のバージョンでペーストできる経緯度のフォーマットを拡充していますが、元はと言えば気象庁などの地震情報から震源の場所を確認したかったからなのです。気象庁の情報では右図のように漢字が入っています。またHinetの情報では2行に分かれています。USGSでは数字のみです。右の地震情報の経緯度を次の図のようにSimpleDEMViewerでetopo1を使って場所を確認します。ああ、海溝の西側の太平洋プレート内だな、とか相模プレートの下か、とか見ているわけです。内陸だったら地図画像ビューアで、地勢図で確認します。1件1件だけでなくメモデータを作れば群発地震の傾向も確認できます。(やっていませんが)
地震情報以外でもインターネット上ではいろいろな経緯度情報が様々なフォーマットで存在します。今のところ単純なテキスト形式だけですが、Google map 等のxml形式のデータもサポートすると便利ですね。

2010年1月12日火曜日

横書きフォント・縦書きフォント


MacOS Xの文字コードはユニコードが基本で、地図画像ビューア、SimpleDEMViewerなどもユニコードを用いています。ユニコードでは括弧や句読点など、縦書き用文字、横書き用文字があります。MacOS Xでは標準のAPIを用いて適切に設定すれば自動的に選択して描画してくれます。
XMapVの展望図で縦書きをサポートしていますが、括弧などは適切に描画します。しかし、データライブラリに置いた「ユーザメモデータ 日本の主な山」では括弧の一つとして <> を使用していますが、これは実際には括弧ではないので縦書き用文字がありません。そこで図の愛鷹山のようにおかしなことになってしまいます。複数の名称を持つ山の場合は 水晶岳(黒岳) と丸括弧にしているので問題ないが、 富士山<剣ヶ峯> のように総称とピーク名の場合とを区別したいので<>を使用したのが失敗でした。区別は残したいので、 富士山「剣ヶ峯」 とすれば図のようになるので、体裁が良くなります。データを修正しましょうかね。

2010年1月9日土曜日

World Boundary Databank IIで正距方位図法

 表題のデータを利用してすっきりした東京中心の正距方位図法を作成してみました。SimpleDEMViewerを利用しているので標高データが必須ですが、今回はETOPO2を利用しました。ETOPO5でもGTOPO30でも問題ないです。グラデーション無し、陰影無しに設定。海をグレーにしたが、真っ白でももちろんOK。
中心部で1/2千万。等距離円の間隔は500km。
World Boundary Databank IIのデータが今回の目的には細かすぎて操作がかなり重いですね。

重いのは、経路データをメインウインドウに描画するときに使用している高速化手法を、図法画像では組込み忘れていたためでした。修正します。(2010/01/19追記)
3.8.5として公開しました。ついでに512x512のアイコンを組み込んだので余計に大きくなってます。(2010/01/20追記)

2010年1月7日木曜日

AppleWorks

もう一昔前のAppleの「統合ソフト」ですが、後継を作成しないまま販売停止になってしまったので未だに使用しています。PPCオンリーなので、MacOS X 10.6(Snow leopard)では動作せず、今は iMac + 10.5(Leopard)で使用しています。iMacも4年たって画面に縦筋が出てきて、そろそろ替え時かと。それにつれて本格的にAppleWorksの置き換えが必要になります。ファイルは表計算、ワープロ、ドロ−です。ペイントその他は使っていません。
表計算は以前 iWorks の Numbers を試してみたのですが、どちらかというと表計算よりプレゼンテーションが(見栄えが)狙い目のようで、いまいち使い勝手が悪いです。したいことが簡単にできない。で、未だに変換できずにいます。
ワープロは以前EGWord等も使っていたのですが、こちらも販売/サポート停止。rtfでもできるかと試していたのですが、 iWorks の Pages が AppleWorks のワープロ書類をほぼそのまま読めることが判明。こちらは一安心。
ドロ−については先日 Apple のディスカッションサイトで EasyDraw がAppleWorks のドロ−書類を読み込めるぞ、とあったので試用版をダウンロードして試してみました。一応読めることは確認できたが、編集はまだ少し動かしてみた程度。追々結果を報告します。いにしえの SuperPaint のような使い勝手が欲しいのだが。

2010年1月6日水曜日

開設のご挨拶

初めてブログに挑戦することになりました。タイトルは「地図とマックと」ですが、小生のもう一つのサイトにも関連する、富士山や品川に関すること、日常生活に関すること何でも書込む予定です。元来が筆無精なのでどのくらいの頻度で書き込めるか判りませんが、月に1回以下なんてことにはならないようにしたいと思います。