2010年4月19日月曜日

旧中山道を歩く

 今日の日経夕刊「あすへの話題」というコラムに表題の文章がありました。
定年後に歩いたそうです。自分の時と同様に何日か歩いたら家に戻って、次回続きを歩くという方法です。自分は20代だったので近場は土日、離れるとゴールデンウイークや3連休などを利用して1年以内で完了しましたが、5年をかけたそうです。今の私には歩けません(^_^;
今でも比較的旧道が残されているようです。日本地図センターのインタビュー記事でも触れましたが、旧東海道は国道バイパスや高速国道の整備でかなりずたずたになっています。今から歩くなら東海道よりも中山道ですね。東海道を歩いたときに、静岡の旅館で、数日前に日大の学生が袴に高下駄で歩いていったというのを聞いたが、今でもそういう強者はいるのだろうか。

4月19日は地図の日

 1800年(旧暦の)4月19日に蝦夷地まで第一次測量隊が出発したことにちなむそうだが、4月19日を「地図の日」と言い出したのはどこの誰か不明なようだ。日本記念日協会に登録されているわけでもないし、もちろん公的な決めはないだろう。

2010年4月3日土曜日

旧東海道鳥瞰図

先日サイトのアクセスログを見ていたら、「旧東海道+鳥瞰図」というキーワード検索で来ていたのを見つけたので、それではということで作成してみました(^_^)
標高データは250mメッシュです。50mを使用してもほとんど変わりません。高さは2倍強調にしてあります。今回はXMapV(SimpleDEMViewer改)を使用しましたが、数値地図ビューアでも同じ物を描画できます。旧東海道のデータは私のサイトで公開しているユーザ経路データです。