2011年2月28日月曜日

auひかり と so-net

先に「ISDNからひかり電話へ」と題して書いたが、その後順調に動いている。まぁ、1月中に3回ほどホームゲートウエイの電源を入れ直す必要があったが、2月に入ってからはトラブルは皆無。電話代が安くなったのは別にすると、期待以上だったのは回線のスループットが大幅に向上したことだ。AppleからGB級のデータを時々ダウンロードする必要があるのだが、USENひかりのときはせいぜい3MB/secくらいしか出なかったのが、8MB/sec以上出るようになった。ひかりと言ってもマンション内はVDSLなので目一杯の速度が出ていることになる。自宅内ではAirMac経由だが11nなのでネックにはなっていないようだ。昨日も3.6GBもダウンロードしたが、8.8MB/sec出ていた。au=KDDIなので米国までの経路が短く太いことが影響しているのかも知れない。so-netの影響は小さいと思う。切替えは正解だった。

2011年2月26日土曜日

Lion と Rosetta

 一見意味不明なタイトルですが。
MacOS X 10.7 (Lion) が今夏に出る予定ですが、昨日プレビュー版がデベロッパーに公開されました。一番気になるのがRosettaがサポートされるかどうかなのですが、やはりと言うか何というか、少なくともプレビュー版には含まれていません。多分正式版でもサポートされないでしょう。
何が困るかというと、intelコードを含まないプログラムが動かなくなるわけで、小生の場合「数値地図ビューア」が動かなくなります。今現在数値地図ビューアの代わりになるのはSimpleDEMViewer(およびXMapV)ですが、JMCマップと土地利用データをサポートしていません。また展望図ムービー関係もサポートしていません。
SimpleDEMViewerをベースに数値地図ビューアV6を作成しようという計画だったのですが、carbon は64ビットモードをサポートしないということでストップしていました。ベースをcocoaで作り直そうということで昨年暮れから取りかかっているのですが、まだ基本的なところで試行錯誤をしています。と言うことでLionが正式公開される時期には間に合いそうもありません。そのころプレビュー版がやっと動くかというレベルだと思います。年内には何とかしなければと努力しています。