2011年4月26日火曜日

海深データ(2)

海上保安庁の日本海洋データセンターで日本周辺の海底標高データを公開していますね。500m間隔なのでetopo1に比べるとおおよそ10倍の密度になります。これをSimpleDEMViewerで見られるようにするにはutmか19XY平面座標のデータにする必要があります。しかし今のSimpleDEMViewerではutm/XY座標の場合それよりメッシュの細かいデータとは組み合せられないので、1kmメッシュでないと陸側を表現できないですね。250mと組み合せたいと思うが、次期バージョンに組込めるか。

iMac Hard Drive Firmware Update

 本日ソフトウエアアップデートに現れたのですが、うまくブートできないことがある現象を修正したとありますが、具体的な対象症状がよく判りませんね。自分のiMacで、電源ボタンを押しても起動できないことがあり、一度この症状が出ると電源ケーブルを抜かないと解消しません。この症状がなくなるのならよいのですが、アップデートを適用後まだ1回しか電源を入れ直していないので本当に直ったかどうか判りませんね。
昨秋に購入当初から時々発生していたのですが、頻度としては3回に1回くらいか、ほとんどスリープで運用していて電源を落すのは月に1,2回だったのであまり気にしていませんでした。再起動では出ませんしね。しかし震災後節電ということで落すことが多くなり、気になってきたところでした。
対象機種 iMac mid 2010  アップルの解説ページ

2011年4月17日日曜日

ETOPO1 (2)

etopo1が先月更新されていますが、作業のミスがあったらしく、本来16 bit 整数のデータのはずが32 bit整数になっています。まぁ、確認したのはbilとGeoTiffだけですが。bilにいたっては32bitになっただけでなく、データの先頭に余計な892バイトが付加えられています。今回SimpleDEMViewer3.9.1で32bit整数のGeoTiffをサポートしましたが、bilの方は全くイレギュラーなのでサポートしません。添付のhdrファイルは16bitとなっているし、作業ミスなのは間違いないでしょう。問い合せのメールを送ったが、2週間経っても返事は来ない。
SimpleDEMViewer3.9.2では単に32bit整数のGeoTiffをサポートしただけでなく、中身のフォーマットも少し柔軟に対応しました。今まで読めなかったGeoTiffが読めるようになったかも知れません。
etopo1の公開ページ

追記:2011/05/06
今朝修正版を公開したよとメールがあったので、早速i2バージョンが正しく処理できることを確認しました。