2011年9月25日日曜日

富士六湖 赤池

台風による増水でしょうか,富士六湖赤池が出現したと話題になっています。7年ごとに出現するそうなのですが,台風その他による増水がいつも7年毎ということなのでしょうか?
例えばここのレポート。赤池の場所はこちら
地形図では窪地になっていますが,周囲の標高が900mに見えます。でもそれだったら常に水を湛えていていいはずです。基盤地図情報の10mメッシュ標高データを確認すると,最低部が902.9mになっています。これなら増水時にのみ出現するのは判りますね。ちなみに湖面の標高は地形図では901m ですが,標高データは900.0mです。現状は902mくらいのようですね。ということで標高データを作成したときには,窪地の周囲の等高線を905mとして処理したようです。図はSimpleDEMViewerで10mメッシュの標高データを使い,1/25000地形図をテクスチャーマップとして利用したものです。グラデーションを無しに設定して900mから904mを赤くしてあります。ちょうど池の部分が赤くなっていますが,もちろん赤池が赤いわけではありません(^_^)
 最初「火山標高」の方が1/10000火山基本図に拠っているので精度が良いはずだと,試したら,赤池の付近は910mで窪地にはなっていませんでした。この辺は「火山基本図 富士山」の範囲外でした。火山標高は火山基本図の範囲だと思い込んでいましたが,違っていたのですね。