2011年11月30日水曜日

震災後の基準点データが公開された

既に閲覧はできていましたが,ダウンロードサイトからダウンロードできるようになりました。基盤地図情報の整備状況
 これを拙作の「基準点データ変換」でユーザメモデータに変換して,SimpleDEMViewerで表示して見ました。新旧を両方並べて見ましたが、最大の移動量が牡鹿半島付近の6mなので、5mメッシュの標高データを最大(200%)に拡大しても、画面上で1cm程度しか離れません。基盤地図ビューアで最大(1/500)にしても同程度です。地震で大地が6mも移動するというのは大変なことですが、地図上では僅かなものだということを実感しました。1/25000地形図上では1/4mmくらいですね。