2012年7月21日土曜日

基盤地図情報5mメッシュ標高


既に旧聞になりますが、3/28付で国交省(地方整備局など)が整備した主に1級河川周辺の5mメッシュの標高データが、基盤地図情報として公開されています。ただし公開されたデータに不備が有り、正しく処理できないものが多くあります。海岸や、測量地域の境界などで、メッシュ内にデータの無い部分が有り省略している場合に、ファイルが正しく作成されていないケースがあります。このとき公開されたデータが大量だったので一部しかチェックしていませんが、チェックした範囲ではほぼ全滅のようでした。ただし私の基盤地図標高変換はGML形式のものしか処理できないので、GMLでないものがどうなっているかは判りません。図は東伊豆のものです。使い物になりませんね。間違いの内容は読込むプログラム側で何とかできるレベルのものではないので、修正版を待つしかありません。
 本日阿蘇から熊本市辺りをダウンロードしてみたのですが、特に問題データはありません。調べてみると今年の6月に作成されたデータが混じっています。3/28以降に公開されたというアナウンスはないのですが、そっと修正したのでしょうか、あるいは追加提供地域なのでしょうか? 3月の時点ではここのデータを見ていないので確認できません。今回落した範囲では3月以前に作成されたデータにも問題はないので、作成担当部署(外注先が違うのか)に拠るようですね。

追記(2012/08/29):
 問題のデータについて,データが省略されているのではなく,キーワードが仕様と違っていたため,基盤地図標高変換が該当行をスキップしていたためと判りました。データ無し点だったため上で述べたようになっていました。本日対応したプログラムを公開しました。
佐藤崇徳さん,ありがとうございました。

2012年7月7日土曜日

フィリピン海

今日etopo1を使用していてハタと気が付いた。フィリピン海が女性の顔に見える。

しょうもない話題でした(^_^;